10年目の安定が衰退の始まりとなりませぬよう

右肩下がりがデフォルトのニッポン。

平塚とて例外ではございますまい。景気の悪い話が枕で恐縮です。

飛躍を狙って野心的な手を続々と繰り出してもせいぜい微増でともすりゃ横ばいになる御時勢。はなから安定志向なんて腰の引けたことを言ってるようじゃ、よくてずるずる、悪くすると垂直急降下で阿鼻叫喚の近未来が待っている。

ハリーポッターにしてもスターウォーズにしても、あれだけ長く続く話も、それぞれの巻で少しずつ進化、というかメインのストーリーが進展するから読者も飽きずにくっついてゆけるのだ。第5巻と第6巻の順序を間違えて読んでも気がつきませんでした、というような話ばかりでは、マンネリという著者さんにとっても読者にとっても不幸な状況を招く可能性はある。

いや、偉大なマンネリという例外も無いわけではない。永井康夫先生の「浅見光彦」シリーズの歳をとならい人々はまるで「サザエさん」のそれを見るかのようである。

畠中恵さんは「しゃばけ」シリーズですでに揺らぎ無き世界観を確立されていて、もうこのままエピソードを安定的に生産してゆけばいいと思ってらっしゃるのかもしれない。病気がちで寝っぱなしという大店の若だんな(長崎屋の一太郎)が主人公なのだから、一進一退の病状とともに物語が急展開するんだろうかと思うと、長い目で見た変化は全くといっていいほど無い。これはやはり、意図された安定志向と見るべきだろう。

しゃばけシリーズ (出典ウィキペディア「しゃばけ」)

  1. しゃばけ – 長編小説 / 新潮社(2001年)
  2. ぬしさまへ – 短編小説集 / 新潮社(2003年)
  3. ねこのばば – 短編小説集 / 新潮社(2004年)
  4. おまけのこ – 短編小説集 / 新潮社(2005年)
  5. うそうそ – 長編小説 / 新潮社(2006年)
  6. ちんぷんかん – 短編小説集 / 新潮社(2007年)
  7. いっちばん – 短編小説集 / 新潮社(2008年)
  8. ころころろ – 短編小説集 / 新潮社(2009年)
  9. ゆんでめて – 短編小説集 / 新潮社(2010年)
  10. やなりいなり – 短編小説集 / 新潮社(2011年)

番外編
  みぃつけた – 絵本 / 新潮社(2006年)
関連図書
  しゃばけ読本 – ファンブック。バーチャル長崎屋奉公人編

前作「ゆんでめて」まではよかった。何とか最後まで興味が途切れなかった。しゃばけシリーズの記念すべき第10巻となるはず(だよな?)の本作「やなりいなり」は危なかった。目先を変えてということか、レシピのようなものが各挿話冒頭に付くのは、角川文庫の人気シリーズ「みをつくし料理帖」の路線を狙うのかと誤解もしてしまった。danchuを読む私でも、このレシピは斜めに読んでしまった、著者さん御免なさい。

では、本作「やなりいなり」は読む価値に疑問をもったか。いえいえ、最後まで読んで御覧なさい。最後できっちり全部の挿話が繋がり、いつもながらのホロリとさせる結末。読んで損はございません。途中で投げ出した方は大損でございます。