読んだと口にしにくい

ああ、その作品読んだよ、こう言った瞬間に誤解を招くことがある。

だから、図書館で本を借りた履歴は流出してもらうとちょっと困る個人情報のひとつだ。それがアダルト系というなら、例えば平塚市図書館の勇気に感銘しているのだが現在所蔵される「(これ)」のような著作であれば、まあ、みっともない、大人気ない、そういう非難の目を向けられるかもしれない。だが、これだけならまだいいだろう。
 
これがあるいは良識を問われたり趣味の悪さを疑われたりするものだと、かなり困る。あと、宗教信条思想主義主張の類。だから、読んでも黙っとくのがいい。人に訊かれたら、え、それ、何の本ですか? ってシラを切り通すのが大人の対応ですわな。
 
とはいえ、不用意に手にしてしまうケースもあるわけで、それを、ああ、それ、結構危ない本ですよ、って声をかけてさしあげるような余計なお世話も、へたれ書評がそれなりに人様の役に立つ稀有な機会となるのです。
 
というわけで、まず読んだとカミングアウトする最初の著作は、新堂冬樹「悪虐」。これはひどい。読んでて気分が悪くなった。卑怯、残酷、バイオレンス、猥褻。1/4ぐらいでめげてそこから4倍速で斜めに読んで結末だけ通常再生モード、ということに。新堂冬樹『黒』系のなかでもブラックさが際立ちます。
 
そして二冊目。このタイミングでなければ樋口毅宏最新作の風変りな作風も面白いと思っただけだろう。クールなジェノサイド系とでも表現できるかもしれない。虚構だ、という安心感があるから。が、今ニュークリアな話はリアルすぎて余計な誤解の大群を引き寄せて来るので、口にするのも憚られる。著者さんも出版社さんも無邪気なことです。前作「民宿雪国」も結構スプラッターなところはあったが、寒村の鄙びた雰囲気が醸し出す侘びて寂びて枯れたモノトーンの山水画のイメージが美しい。対して、本作は亜米利加のIQ集積地域から穀倉地帯へ、嫌米大陸横断の旅の末に、、、。
 
ひとえに、出版のタイミングが惜しまれる。
 
二冊目の作品は現在までのところ生憎と平塚市図書館には所蔵されないが、所蔵しましょうと稟議を通すのも蛮勇を要します。私なら、周辺市域の図書館の出方をうかがうでしょう。危ない橋はまず他の人に渡ってもらって安全確認してから、これ近隣諸国の格言でしたっけ。そして、所蔵しない、というのも立派な見識といえましょう。時節柄。くわばらくわばら。