リーダーシップ論としてのジョブス伝説

アップルのスティーブ・ジョブスが電撃引退とのニュースが記憶に新しいが、これでまたジョブス伝説の出版ラッシュに拍車がかかる。偶然にもこの最高のタイミングで出版された「ジョブズ・ウェイ」は、スティーブジョブスが自らリクルートして幹部に据えたジェイ・エリオット氏によるもの。まさにインサイドストーリーである。

本作にも「成功は細部に宿る」という章があるが、大成功して勝ち逃げの形となることで、誰も貶めることができず、落日も迎えようの無いサクセスストーリーはベンチマークの課題として最高の事例である。細部が明かされれば明かされるだけ情報の価値が加わる。アマゾンの書評でも絶賛、という様相である。

ただ、私個人として気になったのが、著者がジョブスの腹心であったのが1985年まで、ということ。本書はジョブスのリーダーシップに着目して書かれているのだが、ジョブスが駆使したと主張されているiLeadershipは、1985年以降については仄聞の類だろう。iPhoneやiPadの時代となってもジョブスのリーダーシップは不変で一貫したものだったのだろうか。

さて、日本でリーダーシップと言った場合、セミナー会社が中間管理職養成コースと称して好む課題であり、部下のモチベーションを維持し、最高の生産性を確保するためにいい上司を演出する方法だと言ってほぼ間違いないだろう。世界をリードする企業のイノベーションを引っ張るトップのリーダーシップとはおよそ似ても似つかぬ話題だ。

洩れ聞こえてくるところでは、ジョブスの下で仕事をするのはきつい、とされる。本書ではずいぶん美化されているというか、そういう面は瑣末なことと無視されているというか、あまり書かれていないのは、著者が技術屋でなく、トップに近いマネジメントであったゆえだろうか。開発現場の技術者は苦労していると聞く。技術者への要求水準は極めて高く、専門のストライクゾーンど真ん中で自尊心を粉砕されるとか。ジョブスは感情的な爆発も抑えようとしているようには見えなかったみたいだ。

それが駄目だと言っているわけではない。イノベーションの達成には妥協は許されない。なにしろ、細部に成功の本質が宿るのだから。中間管理職的リーダーシップなんて、誰もジョブスに期待して無い。

IT系企業経営者としてパーフェクト、これはそのとおり。

この本はどういう人にベストマッチとなるだろう。まず、まだあまりジョブス伝記を読んでないんだよね、そういう方にはわくわくしながら当時の背景を知ることができるでしょう。なにしろ、自分がジョブスにリクルートされた状況まで詳らかにしているのだから。ジョブス物語は飽きるほど読みました、そういう玄人の諸兄には、わざわざ買って読むほどの本かは、ちょっとわかりません。が、そうです。平塚市図書館には所蔵されていて、今のところ予約待ちもあまりないようですので、平塚市図書館でまず借りて読まれるのはいかがでしょうか。図書館の理想的といえる使い方の一つでしょうね。

コメントは受け付けていません。